公立高の後期入試、倍率が初の1倍割れ!

県内公立高校の後期試験(学力試験)の出願が18日締め切り。甲府商を含む全日制26校。募集定員3684人に対し3606人が出願。平均倍率は0.98倍。前年より0.04ポイント低下。2007年の後期試験以降で最低で、初めて1倍を割り込む。最高倍率は農林の造園緑地科で1.88倍、次いで笛吹の食品化学で1.65倍、農林の森林科学科で1.50倍など。17校23学科で定員割れ。定時制は7校。募集定員570人に対し138人が出願。平均倍率は0.24倍。志願変更は19~24日。試験は全日制が3月3日、定時制が3月3、4日。合格発表は3月12日。一方、北杜市立甲陵高は17日、後期の志願状況を発表。募集定員32人に対して33人が出願。倍率は1.03倍。試験は3月3日。合格発表は3月9日までに郵送で通知。

スポンサーリンク