山梨県、コロナ追加対策を発表!


長崎幸太郎知事が20日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、追加的対策を実施すると発表。県が稼働させている宿泊療養施設のうち、「ホテル東横イン富士河口湖大橋」(富士河口湖町船津)を24日から医療強化型の宿泊療養施設として稼働へ。医師を常駐させ、点滴や酸素吸入などの治療や処方薬の投与を行う。また、患者の症状に応じて入院または宿泊療養施設に入所することが原則とした上で、本人や家族の同意を含めた一定の基準を満たし、かつ、医師が可能と判断した場合は、自宅療養に切り替える。まずは、無症状の患者から切り替える。退所後のケアを実施する「退所後ケア」も24日から始める。看護師による毎日の健康観察、24時間体制のオンコール相談など、安心して療養できる体制を整える。一方、宿泊療養施設を既存の536部屋から大幅に追加増強することも進める。