神明の花火大会、12月22日に開催へ

市川三郷町が22日、町発注事業をめぐる官製談合事件を受けて10月8、9日の開催を取りやめた「第33回神明の花火大会」について、12月22日に開催するとを発表。規模を縮小し、無観客で開催。午後7時半~、15分間のみ。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場となる三郡橋~富士川大橋間など周辺への立ち入りは禁止に。有料席、出店、シャトルバス、JR臨時便、仮設トイレもなし。動画配信サービスなどを検討中で、自宅などからの鑑賞を呼び掛ける。