県、自宅療養へ移行「ホームケア班」新設


長崎幸太郎知事が12日の会見で、新型コロナウイルス感染の急拡大の状況を踏まえ、これまで軽症あるいは無症状者は宿泊療養施設への入所を基本としていたが、自宅療養への移行を検討すると発表。同日、県総合対策本部の中に「ホームケア班」を新設し、同班が専門家の意見を踏まえて対象者を選定する。また、緊急時の対応や患者の健康観察のあり方、健康悪化時の搬送体制の確保などを検討する。