山梨県、濃厚接触者の調査を縮小!


長崎幸太郎知事が28日、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴う保健所の業務ひっ迫のため、対策2点を発表。1点目は、陽性が確認された感染者の健康観察の仕組みを変更する。感染者に家族がいる場合は、家族の検査結果を待つために自宅待機せざるを得ないケースが生じているが、各保健所が行っている感染者の健康観察を、山梨大学の医師や看護師によるリモートでの健康観察に切り替える。2点目は、濃厚接触者などを調べる積極的疫学調査を重点化して縮小する。優先的に疫学調査を行うべき対象を絞り込み、重点的に調査する。対象は、同居家族、医療機関や社会福祉施設など重症化リスクが高い人が多数いる集団、保育園、幼稚園、学校、寮、スポーツ集団など、感染連鎖が生じやすい場所や集団。事業所は調査を行わない。また、リスクの高い行動をともにした友人などの調査も行わないので、自身で対応が必要に。