甲府市、飲酒運転の職員を懲戒免職処分!


甲府市が27日、道路交通法違反(酒気帯び)の疑いで摘発されたとして、市まち整備室道路河川課の50代の男性技術職員を懲戒免職処分。22日午後6時半ごろ~23日午前2時ごろにかけ、市内の飲食店で酒を飲んだ後、自家用車を運転し、帰宅途中に車を横転する事故を起こして飲酒運転が発覚。