J2甲府、新井主将の結婚詐欺報道で謝罪


出版社「文藝春秋」が運営するニュースサイト「文春オンライン」が15日、サッカーJリーグ2部(J2)のヴァンフォーレ甲府のチームキャプテン、MF新井涼平(31)が女性に対する「結婚詐欺」で活動停止となっていることを報じる。

同選手は女性に対して結婚を約束しながら一方的に連絡を断ち、不安になった女性が問い合わせたことでクラブに発覚し、活動停止となったことが分かったという。同選手は既婚者で不倫関係だった。

クラブを運営するヴァンフォーレ山梨スポーツクラブの佐久間悟代表取締役社長が同日、謝罪の声明を発表。クラブは、同選手に活動停止等の処分を科し、事実関係を確認した上で処分を検討へ。