都留で「ふるさと時代祭り」3年ぶり


第38回ふるさと時代祭りが4日、都留・谷村一小をメインに開催。郡内三大祭りの一つ。新型コロナウイルス感染拡大で2020、2021年は中止していて、3年ぶりに開催。

感染防止のためメイン会場の谷村一小には、出演者や関係者以外は入場不可とし、観覧の自粛を呼びかけた。祭りの様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信された。

約120人が大名行列し、大型屋台が市中心部を巡行する。大名行列は1704年に谷村藩主、秋元公が川越(現在の埼玉県)に転封になった際、下天神町へ行列道具一式を贈り、足軽が町民に行列の方法を教えたのが始まりとされる。

3日は宵祭りを開催。八朔祭屋台保存会連合会による演奏、打ち上げ花火など。