台風14号、山梨県は20日にかけて影響


大型で猛烈な台風14号は17日夜~19日にかけて奄美地方と九州にかなり接近する見込み。その後、次第に進路を東よりに変えて、20日にかけて本州付近を北東へ進むため、山梨県では20日にかけて、台風の影響を受ける見込み。

18日午後6時~19日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中・西部、東部・富士五湖で100~200ミリの見込み。その後も20日にかけて総降水量は増える見込み。

雨雲の発達の程度によっては、警報級の大雨や暴風となる可能性があり、甲府地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するよう呼びかける。