県、G認証の基準を「レベル2」に引き上げ


山梨県が14日、病床使用率が30パーセントを超えたため、新型コロナウイルスの感染症対策を講じた事業者に対する「グリーン・ゾーン認証」の基準を「レベル1」から「レベル2」に引き上げる。

飲食店などは、「パーティションの設置」「大皿料理の禁止」「お酌の禁止」などの対策が求められる。