2月定例県議会が開会!

2月定例県議会が15日開会。長崎幸太郎知事が所信表明。総額5145億4544万3000円の2024年度一般会計当初予算案など64案件を提出。

能登半島地震の被害拡大などを受け42億円の大規模な防災・減災対策費を計上。災害時の通信維持のため、人工衛星によるインターネット接続サービス「スターリンク」導入に約2000万円、木造住宅の耐震改修補助に約1億1200万円など。
また、人口減少対策にも重点的に配分。若い女性を対象に卵子凍結費用の一部助成、将来の妊娠・出産に備えた健康管理など。
さらに、今夏から富士山の吉田口登山道で2000円の通行料を徴収するための条例制定案なども。

会期は3月21日までの36日間。

シェアする