1~10件 / 285件を表示

JR東、あずさ・かいじの車内販売中止へ

JR東日本が13日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新幹線・在来線特急列車等の車内サービスを16日から中止すると発表。中央線は、特急「あずさ」「かいじ」の車内販売サービスが対象。期間は、当面の間。

スポンサーリンク

コスモス薬品、昭和町に出店計画!

ドラッグストアを展開する「コスモス薬品」(福岡県福岡市)が25日、昭和町清水新居に「コスモス薬品甲府昭和店」を出店計画。大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づき新設を申請。店舗面積1356平方メートル、駐車場53台。医薬品、化粧品、食料品、住居・生活関連品などを販売。2021年8月25日オープン予定。県内初出店。

スポンサーリンク

日銀の県内短観、DIは2期連続改善!

日銀甲府支店が14日、12月の山梨県内の企業短期経済観測調査(短観)を発表。回答期間11月11日~12月11日、調査対象企業119社で、「業績が良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた業況判断DIはマイナス11。9月より28ポイント改善。改善は2期連続。製造業は33ポイント改善のマイナス13、非製造業は24ポイント改善のマイナス9。また、12月の山梨県金融経済概観を発表。「県内景気は、新型コロナウイルス感染症の影響から、引続き厳しい状態にあるが、経済活動が徐々に再開するもとで、持ち直している。」と判断。2カ月ぶりに引き上げる。個人消費は「引続き厳しい状態にあるが、持ち直している。」で判断を2カ月ぶりに引き上げる。生産は「弱い動きが続いていたが、持ち直しつつある。」で判断を3カ月連続で引き上げる。

スポンサーリンク

イオン甲府ココリ店閉店、4年4カ月で幕

甲府中心街の再開発ビル「ココリ」の地下1階に入居するスーパー「イオン甲府ココリ店」と1階の酒類専門店「イオンリカー」が30日閉店。2016年7月オープン。4年4カ月で幕。撤退後の入居店舗は未定。同ビルは国や県、市から約50億円の補助金が投入され、2010年10月にオープン。地下1階地上20階建てで、地下1階~地上2階が商業スペース。空き店舗が目立つ状態が続く。

スポンサーリンク

日銀、11月の県内景気判断を据え置く!

日銀甲府支店が12日、11月の山梨県金融経済概観を発表。「県内景気は、新型コロナウイルス感染症の影響から、引続き厳しい状態にあるが、経済活動が徐々に再開するもとで、持ち直しつつある。」と判断。10月と同じ判断に据え置く。個人消費は「引続き厳しい状態にあるが、持ち直しつつある。」で判断を据え置く。生産は「弱い動きが続いていたが、持ち直しの動きがみられる。」で判断を2カ月連続で引き上げる。

スポンサーリンク

甲府市徳行に「コナズ珈琲」が県内初出店

飲食業を手掛けるトリドールジャパン(兵庫県神戸市)が29日、甲府市徳行2丁目に「コナズ珈琲甲府店」をオープン。県道南アルプス線(通称アルプス通り)徳行2丁目交差点の約100メートル東で、スーパーの「いちやまマート徳行店」の隣。ハワイで過ごす休日がコンセプト。県内初出店。全国39店舗目。

スポンサーリンク

コーセー、南アの新工場の稼働を1年延期

化粧品メーカーのコーセー(東京都中央区)が、2021年度に稼働予定していた南アルプス市野牛島の新工場について、稼働時期を少なくとも1年以上延期することが分かる。新型コロナウイルスの影響で日本を訪れる外国人が大幅に減少し、需要の拡大が見込めないなどとして。

スポンサーリンク

山梨中央銀行と静岡銀行が業務提携!

山梨中央銀行と静岡銀行(静岡県静岡市)が28日、包括業務提携を締結したと発表。厳しい経営環境が続く中で、収益性を高めて経営の効率化を進め、地域経済の発展につなげる狙い。相互の経営リソースを活用した収益アップ、システムの共同化によるコスト削減、店舗の共同化など営業エリアの拡大、人材交流や合同で人材育成を行うなど。また今後、相互に株式を取得して資本提携する方針も示す。

スポンサーリンク

日銀、10月の県内景気判断を上方修正!

日銀甲府支店が14日、10月の山梨県金融経済概観を発表。「県内景気は、新型コロナウイルス感染症の影響から、引続き厳しい状態にあるが、経済活動が徐々に再開するもとで、持ち直しつつある。」と判断。9月の判断より上方修正。個人消費は「引続き厳しい状態にあるが、持ち直しつつある。」で判断を引き上げる。生産は「弱い動きが続いていたが、持ち直しに転じている。」で判断を引き上げる。

スポンサーリンク

日銀の県内短観、DIは-39、4P改善

日銀甲府支店が1日、9月の山梨県内の企業短期経済観測調査(短観)を発表。回答期間8月27日~9月30日、調査対象企業119社で、「業績が良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた業況判断DIはマイナス39。6月より4ポイント改善。改善は4期ぶり。製造業は9ポイント悪化のマイナス46、非製造業は15ポイント改善のマイナス33。

スポンサーリンク