山梨県内、各地で24H降水量が最多!


前線を伴った低気圧の影響で、山梨県内は8、9日にまとまった雨が降る。降り始め(8日午前0時)から9日午前11時までの降水量は山中湖174.5ミリ、南部174.0ミリ、身延町切石126.0ミリ、富士河口湖117.5ミリ、甲府84.5ミリなど。県内全10カ所の観測地点で、24時間あたりの降水量が3月の観測史上最多を記録。影響で、富士吉田市内を流れる宮川で、富士山の雪が土砂と一緒に流れ出す「雪代(ゆきしろ)」と呼ばれる「スラッシュ雪崩」が確認される。また、小中学校の2校が休校、8校が始業時間を遅らせる措置。

スポンサーリンク