J2甲府、新井が全治3カ月、辺は4週間


サッカーJリーグ2部(J2)のヴァンフォーレ甲府が21日、MF新井涼平(27)が左脛骨(けいこつ)疲労骨折で手術を受け、全治約3カ月と診断されたと発表。また、DF辺峻範(ビョン・ジュンボン)(27)が大腿二頭筋肉離れで全治4週間と診断されたと発表。辺は16日の山形戦で負傷。

スポンサーリンク