卓球北米OP、県勢平野敗れ3番手へ後退

卓球のチャレンジ・ノースアメリカンオープン最終日が8日、カナダ・マーカムで開催。女子シングルス決勝で、中央市出身の平野美宇(日本生命)は石川佳純(全農)に2-4(9-11、8-11、11-1、12-14、11-6、10-12)で敗れ準優勝。世界ランキングポイントは、石川(1万830ポイント)が平野(1万695ポイント)を逆転。東京オリンピックのシングルス代表は、2020年1月時点での世界ランキングポイントで決まり上位2選手が選ばれる。既に、伊藤美誠(スターツ)の代表入りが確実になっていて、残り1枠を平野と石川が争っている。12~15日に中国・鄭州で行われるグランドファイナルの結果で代表が決定へ。

スポンサーリンク