J2甲府、19年ぶり赤字転落!

サッカーJリーグ2部(J2)のヴァンフォーレ甲府の経営委員会が27日、甲府・県防災新館で開催。チームを運営するヴァンフォーレ山梨スポーツクラブが2019年度の決算報告。営業収入は14億5400万円。経常損益は約265万円で、2001年のクラブの経営再建以来19年ぶりに単年度赤字に。当期純損益も約461万円の赤字に。企業からの広告料収入は7億9900万円。平均観客動員数は8273人。クラブサポーター数は7031口。

スポンサーリンク