今年の花粉、関東甲信は例年の60%

日本気象協会が20日、2021年春の花粉飛散予測(第3報)を発表。飛散開始は2月上旬から九州や四国、東海、関東の一部からスタート。東京の飛散ピークは、3月上~下旬の見込み。飛散量は九州から関東で前シーズンより多い予想。関東甲信は例年に比べて少なく(60パーセント)、前シーズンに比べて多い(180パーセント)予想。

スポンサーリンク