県、まん延防止の3都県への往来慎重に

政府が9日、新型コロナ特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の対象地域について、東京、京都、沖縄の3都府県を追加して適用することを決める。期間は12日~、京都、沖縄は5月5日まで、東京は5月11日まで。既に重点措置は、5日から大阪、兵庫、宮城の3府県に適用していて、計6都府県に拡大。山梨県は9日、追加される3都府県(東京、京都、沖縄)についても、往来を慎重に判断するよう県民に要請。特に隣接する東京都については、より慎重な判断を行うとともに、通勤や通学などでやむなく移動する場合は、感染リスクの高い行動の自粛に一層配慮するよう要請。

スポンサーリンク