VF甲府、営業収入17億2700万円


サッカーJリーグ2部(J2)のヴァンフォーレ甲府の経営委員会が29日開催。チームを運営するヴァンフォーレ山梨スポーツクラブが2017年度の決算報告。営業収入は過去最高の17億2700万円。インターネット動画配信の「DAZN(ダ・ゾーン)」との放映権契約により、リーグからの配分金が大幅に増えたことなどから。経常利益は3700万円で、17年連続単年度黒字に。平均観客動員数は1万842人。クラブサポーター数は7679口。また、輿水順雄代表取締役社長(66)が退任し、藤原弘専務(63)が昇任することが決まる。

スポンサーリンク