五輪陸上男子短距離&バレーが県内合宿


2020年の東京オリンピック・パラリンピックの事前合宿の誘致で、日本陸上競技連盟(日本陸連)が2日、男子短距離が富士吉田市の富士北麓公園陸上競技場に内定したと発表。県内で日本代表チームの東京オリンピック事前合宿が決まったのは初めて。また、北杜市が同日、フランスのバレーボール協会と市を拠点にすることで基本合意したと発表。ビーチバレー競技の選手が事前合宿。県内で東京オリンピックの事前合宿が決まったのは、富士吉田市とフランスの男女7人制ラグビー、笛吹市とタイのウェイトリフティング、富士河口湖町・鳴沢村とフランスの男女トライアスロン、忍野村とフランスのバスケットボール、甲州市とフランスの男女ハンドボール、甲府市とフランスの卓球、西桂町とフランスのフェンシング、山中湖村とフランスの自転車が合意したのに続き10例目。

スポンサーリンク