日銀、山梨の個人消費判断を引き上げ!


日銀甲府支店が12日、9月の山梨県金融経済概観を発表。「県内景気は、緩やかに拡大している。」と判断。2017年7月から14カ月連続で同じ判断に据え置く。個人消費は「緩やかな増加基調にある。」で、2017年10月以来11カ月ぶりに判断を引き上げる。百貨店やスーパーなどの大型小売店、コンビニエンスストアの売り上げが伸びる。生産は「高水準横ばい圏内で推移している。」で判断を据え置く。

スポンサーリンク