レスリングW杯代表に県勢4選手


日本レスリング協会が18日、男子フリースタイル・ワールドカップ(W杯)の日本代表12選手を発表。山梨県勢では、57キロ級で高橋侑希(山梨学院大-ALSOK)、65キロ級で乙黒拓斗(笛吹市出身、山梨学院大)、74キロ級で藤波勇飛(山梨学院大)、125キロ級で金沢勝利(山梨学院大-自衛隊)が選ばれる。W杯は3月16、17日にロシア・ヤクーツクで開催。

スポンサーリンク