ヤマト科学、南ア社員が感染!=39例目


理科学機器メーカーの「ヤマト科学」(東京都中央区)が17日、南アルプス工場(南アルプス市戸田)の従業員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表。従業員は、県内39例目に感染が確認された20代男性。男性は5日に発熱があり自宅待機に。その後、9、10、13日に出勤。工場内ではマスク、手袋を着用し作業をしていた。同社は、従業員4人を濃厚接触者と判断し、2週間の自宅待機にし、健康観察へ。工場内の消毒を実施。

スポンサーリンク