新型感染178例目の50代女性は再陽性

甲府市が8日、県内に住む50代の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表。県内178例目に。女性は県内157例目の50代女性で、PCR検査の結果、再陽性に。県内最大規模のクラスター(感染者集団)が発生したサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の職員で、居住地は甲府市。8月末に退院基準を満たしたため退院。3日以降は短時間の買い物以外は自宅で静養。5日に発熱の症状が出る。6日は発熱、頭重感、咳の症状で、帰国者・接触者相談センターに相談。7日も発熱、頭痛、咳の症状で、帰国者・接触者外来を受診。PCR検査で再び陽性が判明。濃厚接触者はなし。県内で再陽性の確認は3人目(新規感染者としてカウントした再陽性者は2人)。

スポンサーリンク