雪崩のスバルライン、迂回路でGW開通へ

山梨県が8日、3月22日に雪崩が見つかった富士山有料道路(富士スバルライン)について、開通の見通しを発表。調査の結果、石楠花(しゃくなげ)橋で橋梁本体の損傷が確認され、詳細な調査に時間がかかることから、仮設の迂回路を設置し、ゴールデンウィーク(4月29日~5月5日)前までに5合目への通行確保を目指す。

スポンサーリンク