台風8号、山梨も雨 南部で190ミリ


台風8号は、14日未明にかけて関東甲信地方を北東に進む。山梨県では、13日夜のはじめごろまで局地的に激しい雨や非常に激しい雨が降り大雨となる。

11日午後3時~13日午後4時までの総降水量は、南部190.0ミリ、山中湖178.0ミリ、富士河口湖170.0ミリ、身延町切石82.0ミリ、甲府市古関75.5ミリ、大月70.5ミリ、甲州市勝沼65.5ミリ、甲府42.5ミリ、韮崎41.0ミリ。

JR身延線西富士宮~芝川で運転見合わせ、芝川~身延で運転遅れ、中部横断自動車道富沢インターチェンジ(IC)~新清水ジャンクション(JCT)の上下線で通行止などの影響が出る。

13日午後6時~14日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中・西部60ミリ、東部・富士五湖80ミリの見込み。

甲府地方気象台は、低い土地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意・警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼びかける。