県議会が開会、新議長に久保田氏 慣例続く


9月定例県議会が21日開会。長崎幸太郎知事が所信表明。2023年早々に行われる山梨県知事選に再選を目指して立候補することを表明。348億8919万8000円の2022年度一般会計補正予算案など31案件を提出。会期は17日間で10月7日まで。

また、議長の辞職願を提出していた桜本広樹議長(南アルプス)の議長辞職を許可。「立候補制」による議長選を実施し、久保田松幸氏(自由民主党・3期目)(南アルプス)と小越智子氏(共産党)(甲府)が所信表明。投票の結果、新議長(第131代議長)に久保田松幸氏が就任。当選3回の自民党議員が議長を務める「たらいまわし慣例」が続く。