全日本レスリング、県勢乙黒拓&文田が優勝


レスリングの全日本選手権最終日が25日、東京・駒沢体育館で開催。

山梨県勢は、男子フリースタイル65キロ級で東京2020オリンピック金メダルの乙黒拓斗(笛吹市出身、山梨学院大-自衛隊)が安楽龍馬(韮崎工高-早大-nobitel)を4-0で破り3年ぶり3度目の優勝。

男子グレコローマンスタイル60キロ級で東京2020オリンピック銀メダルの文田健一郎(韮崎市出身、韮崎工高-日体大-ミキハウス)が河名真偉斗(自衛隊)を6-0で破り2年ぶり4度目の優勝。