中3の1次進路調査、前期希望36.2%

山梨県教育委員会が20日、中学3年生の第1次進路希望調査結果を発表。来年3月に県内の中学を卒業する生徒7091人のうち進学希望者は6968人、98.27パーセント。甲府商を含む全日制公立高校26校の入学希望者は5469人。このうち前期試験(自己推薦)の受験希望者は1980人、割合は36.20パーセントで前年を0.79ポイント下回る。最高倍率は、全体では甲府東の普通科で1.98倍、甲府南の理数科で1.73倍、韮崎の文理科で1.70倍、甲府昭和の普通科で1.57倍など。前期は甲府東の普通科で5.42倍、甲府南の理数科で3.25倍、甲府南の普通科で3.10倍など。前期試験は2022年2月1、2日、後期試験は3月3日(インフルエンザなどによる追試験は3月7日、新型コロナウイルスの影響で、3月3日の試験や3月7日の追試験が受けられない場合は、3月3日に県教委が特別日程に移行するか判断し、特別日程に移行した受験生は、3月13日に追試験を受けることができる)。