県、感染直後の「ファーストケア班」新設


山梨県が8日、新型コロナウイルス感染が判明し、直後に自宅待機する患者の健康観察を行う「ファーストケア班」を立ち上げ、運用を開始したと発表。感染直後に、症状が軽症の場合は、濃厚接触者となった家族の検査結果が判明するまでの間、宿泊療養あるいはホームケアの決定を待たざるを得ないケースがあり、この期間も医師などが健康観察を行い、患者の不安感を取り除く。あわせて、ホームケア決定後に送付していたパルスオキシメーターや食料品などの支援物資も、陽性情報の到達後、直ちに患者に送る体制に改善へ。