県、子どもがいる家庭にワクチン優先枠


山梨県が25日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種で、子どもがいる家庭向けに「優先枠」を設けると発表。子どもへの感染や、親族間での感染が増えていることから。18歳未満の子ども(特に5歳未満)がいる家庭で、2回目接種完了から6カ月以上経過した家族は、「予約なし」で接種が受けられる。既に、高齢者と保育施設の職員向け、学校職員等向けに「優先枠」を設定している。大規模接種は県内4会場で、2月26、27日に甲府市大津・アイメッセ山梨、3月2、3日に都留・アピオプラザ都留、3月8、9、12、13、16、17、18日にアイメッセ山梨、3月19、20日に甲府市貢川・県立文学館、3月20、21日に西桂町きずな未来館、3月23、24、25日にアイメッセ山梨で開催予定。ワクチンは米モデルナ社製。平日は午後5~8時、休日は午前9時~正午、午後2~4時。