県内公示地価、30年連続下落!


国土交通省が22日、1月1日現在の公示地価を発表。山梨県内は30年連続下落。県内167地点で1平方メートルあたりの平均価格は前年比0.6パーセント減の4万2400円。住宅地は1平方メートルあたり前年比0.7パーセント減の3万5100円、商業地は1平方メートルあたり前年比0.6パーセント減の5万8500円、工業地は1平方メートルあたり前年比1.7パーセント増の2万4400円で2年ぶりに上昇。県内最高価格は、住宅地は9年連続で上野原市上野原字押出しで1平方メートルあたり6万6900円(前年と変わらず)、商業地は18年連続で甲府市丸の内1丁目で1平方メートルあたり29万3000円(前年比2.0パーセント減)。上昇は10件で、住宅地が7件(昭和町4件、中央市2件、忍野村1件)、商業地が1件(昭和町)、工業地が2件(甲府市1件、昭和町1件)。