ルネサス、甲府工場を再開へ!


半導体大手のルネサスエレクトロニクス(東京都江東区)が17日、2014年10月に閉鎖した甲府工場(甲斐市西八幡)を、300ミリウェハ対応の「パワー半導体」生産ラインとして稼働を再開すると発表。900億円規模の設備投資を行い、2024年の稼働再開を目指す。

甲府工場で本格的な量産が始まると、同社のパワー半導体の生産能力は現在の2倍に。電力の供給や制御を担う高効率なパワー半導体の需要が、今後世界的にますます高まると見込まれる。