山梨県の病床使用率51.9%、再び赤色


山梨県が26日、同日午前0時現在の病床使用率が51.9パーセントになったと発表。医療危機メーターは50パーセントを超え、再びオレンジ色から赤(レッド)色に。前日より2.6ポイント上がる。医療機関の病床(重症者用24床を含む)422床に対し219人が使用。

宿泊療養施設の使用率は確保数1135室に対し453人が使用し、39.9パーセントに。前日より2.3ポイント上がる。