台風15号、山梨県は大雨の恐れなくなる


台風15号は、24日は関東甲信地方に接近しながら東海道沖から関東の南東海上を東北東に進み、24日夜までには温帯低気圧に変わる見込み。山梨県では、大雨の恐れはなくなる。

降り始め(22日午前8時)~24日午前6時までの降水量は南部279.5ミリ、山中湖172.0ミリ、身延町切石144.0ミリ、甲府市古関118.5ミリ、富士河口湖118.0ミリなど。

甲府地方気象台は24日昼前にかけて土砂災害や河川の増水に注意するよう呼びかける。