県、コロナとインフル同時流行に備え対策へ


山梨県が14日、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行のピーク時には、1日あたり4900人の発熱患者が発生する可能性があると試算。県内の発熱外来で診療可能な患者数は3800人のため、1100人ほどが診療を受けられない可能性があると予想。

県は、重症化リスクの高い人が発熱外来を優先的に受診し、重症化リスクの低い人は検査キットでのセルフ検査を呼び掛ける。

対策としては、受診・相談センターの電話回線数の拡充、指定医療機関の診療能力を拡大、夜間・休日は山梨大学医学部附属病院に臨時発熱外来を設置、平日・夜間や休日に発熱患者を診療する「オンライン診療センター」を新設するなど行う。長崎幸太郎知事が同日、これら対策に要する費用として、計約7億8000万円を専決処分。